言葉で世界は変えられる。

見てくれた人に何か考えてもらえたら。

費やす。

人は何に時間を費やすのか。

それはそれぞれ違うだろう。

自分は何に一番時間を費やしただろう。

自分の夢のために時間を費やした人もいる。

自分の好きなことのために時間を費やした人もいる。

好きでもない仕事に時間を費やした人もいる。

一体、何に時間を費やすのがいいのだろうか。

本を読むのに時間を費やすべきなのか。

自分のしたいゲームに時間を費やすべきなのか。

仕事のために時間を費やすべきなのか。

正解は分かっている。

自分が費やしたいモノに、時間を費やせばいい。

でも、自分の費やしたいモノに時間が使えている人は限りなく少ない。

例えばスポーツ。

費やした時間が努力となって上手くなる。

そんなことはない。

誰もが気付くだろう。

上手くなるのも、成長するのも費やしてきた時間は関係ない。

努力は時間に比例しないし、努力は必ず報われるわけでもない。

それでも、人は時間を費やす。

それにそれだけの時間を費やす価値があるから。

その価値を見出した人ってのは、本当は無駄なことかもしれないことを平気でやる。

それに費やすことで、無駄ではなくなると信じているから。

そういう感情がないと、結局は上を目指せない。

なりふり構わず、一つのことに没頭し、時間の許す限り、それに費やす。

そんな格好いいことは他にはないだろう。

自分が時間を費やしてもいいと思えるのに出会おう。

何だっていいから。

その費やしたモノが、結局は自分を作ってくれる。

それに上も下もない。

広告を非表示にする