言葉で世界は変えられる。

見てくれた人に何か考えてもらえたら。

唯一無二。

唯一無二。

唯一無二のモノって何か思いつくものがあるかな。

意外と唯一無二のモノってのは少ない。

そんな中、唯一無二の存在ってのはいるのか。

確かに人は一人一人違っている。

そういう意味では唯一無二なのかもしれない。

でも、その人が居ないと出来ないことなんて無いだろう。

つまり、代わりは居てしまうんだよ。

代わりなんていないって言ってる人は、そうであってほしいと願っているだけ。

実際は、代わりなんていくらでもいる。

誰か一人が死んだとしても、世界が止まらないのはそういうことなのかもしれない。

でも、人は自分は唯一無二の存在で在りたいと願う。

それを願うのは自由。

なれなくてもそういう気持ちでいるのは大切だろう。

そういう気持ちでいれば、少なからず何かに真摯に打ち込めるだろう。

なれないと分かっていても、唯一無二を目指すのが人ってこと。

何かで唯一無二を目指してみよう。

広告を非表示にする