言葉で世界は変えられる。

見てくれた人に何か考えてもらえたら。

復習。

復習って行為は小さい時から、しなさいしなさいと教えられる。

振り返りなさいって。

徐々にその言葉が変化していく。

反省を活かす、何ならフィードバックなんかも。

つまり、簡単に言う復習って行為は必要なことになる。

ずっと言われ続けるのだからそういうことなのだろう。

では、何で人生を振り返ってはいけないのか。

振り返らず、前を向いて歩いて行こう。

こんな言葉をよく目にするし、聞いたりもする。

何で振り返らないの。

前だけ向いて歩いて行くって行為がどれだけ愚かか知らないのかも。

人生なんて振り返ってなんぼじゃないかな。

だって、あの出来事があったから今の自分がいる。

そういう言葉もあるから。

それに胸を打たれる人がいるだろう。

今の自分を形成するのは過去の自分で、未来の自分はただの理想だろう。

振り返って今まで自分がしてきたことを受け入れる。

その先からしか前に自分は作れない。

過去をなかったことには出来ないのは当たり前。

過去を振り返ってみれば、今まで体験したことも経験したことも沢山ある。

それらを全部背負っていくしかない。

それが辛いモノでも、重いモノでも。

それを落として行くと、気が付けば復習せず行き当たりばったりになる。

落とさず行くしかないよ。

それが難しいから、人は人生を語り、人生の大変さに気付く。

それでも落とさずに。

後ろを振り返りながら、反省して、復習して。

もしも、落としてしまっても拾えるように。



広告を非表示にする