言葉で世界は変えられる。

見てくれた人に何か考えてもらえたら。

醜態。

醜態を晒したい人なんていないだろう。

でも、世の中には醜態を晒してしまう人が多くいる。

醜態を晒す時、晒してしまう人は、自分がそんなことになっているとは思わない。

晒してしまった後に、周りから醜態だと言われる。

醜態を決めるのは他人の言葉。

自分の周りのことに関して決めるのは、常に他人。

他人が勝手に考え、イメージが作られる。

そのイメージはなかなか振り払われない。

一回醜態を晒してしまうと、そのイメージが永久に付きまとう。

そうしないためにも、醜態は晒さないようにしないといけない。

じゃあどうすれば、醜態を晒さずにすむか。

醜態を晒さないように気を付けるしかない。

この記事を見てもらって、醜態という言葉を身近に置くしかない。

そして、晒さないように気を張るしかない。

それしか方法はないんだよ。

広告を非表示にする