言葉で世界は変えられる。

見てくれた人に何か考えてもらえたら。

贈り物。

ほとんどの人が、人に贈り物をしたことがあると思う。

贈り物はもらった方は勿論、贈った方も気持ちのいい凄く幸せなモノ。

ごくごく稀に例外もある。

全然いらないモノを貰ってしまう時、贈りたくないけど付き合いの為だというモノ。

それを除けば、贈り物ってのはお互いが幸せになれる。

お互いが幸せになれるモノってのは意外と少ない。

人に感謝するなんてのもそうかもしれない。

それでもごく僅かしかないないだろう。

贈り物ってのはそれだけ数少ない、お互いに幸せな気持ちになれる素晴らしいモノ。

そんな素晴らしいモノならやるしかないだろう。

しかも、~の日だとか、~デーと贈り物を送る機会ってのまで用意されてる。

その時に、日頃の感謝も一緒に贈り物をするなんて、最高に幸せだろう。

贈るのが恥ずかしいなんて人もいるだろう。

何を送ればいいのか悩む人をいるだろう。

でも、そういう人が一所懸命躊躇して、考えた末に渡す贈り物っては絶対喜ばれるだろう。

その恥ずかしさや、考え込んだ時間が多ければ多いほど、より濃い幸せが待ってる。

いっぱい悩んで選べばいい。

恥ずかしくて贈れなくてもいい。

いつかその感情や悩みを超えて贈れた時の喜びは、想像すれば分かるだろう。

最高な幸せって、そういう贈り物の中にあるのかもしれない。

贈り物って最高だよ。

どんだけ幸せな気持ちにさせてくれるのかって話。

機会あれば、悩んで恥ずかしがってもいいから渡してみよう。

広告を非表示にする