言葉で世界は変えられる。

見てくれた人に何か考えてもらえたら。

右も左も。

右も左も分からない。

分からなくて、不安で、それでも進まなくちゃ行けなくて。

立ち止まったら、後ろから知らない何かに押される。

逃げようと思って、後ろを向いても誰かがこちらを睨んでいる。

逃げるなと。

だから、時にその怖さに挫けそうになる。

周りを見渡しても、自分で精一杯で誰も助けようとはしてくれない。

それ程までに人は孤独で、誰にも助けを求められない。

一人で不安なまま、暗い世界を壁伝いに行く。

でも、その壁も急になくなる。

そうすると、自分の居場所がどこだか分からなくなる。

道はあるはずなのに、どこを歩いても暗い。

前も後ろも、右も左も。

そうか、これが僕の人生なんだ。

誰も助けてはくれない。

ひたすらの暗闇が続いている。

光がどこからも入ってこない。

ヒビも入らない。

どんなに壁を叩こうとしても空振るだけ。

あ、そうか初めから壁なんてないのか。

暗いって思ってるだけで、目を開けていないだけだった。

そんなドジに、ちょっとの笑顔を見せ目を開く。

下を見れば道が引かれている。

前も後ろにも、右にも左にも。

自分は一人かと思ったら、前に背中だけ見える人がいる。

他の人も目を開いて、自分の道を確かめ歩いているのか。

その事実を知れただけで、勇気が沸いてくる。

さあ、自分の人生はこれからだろ。

広告を非表示にする