言葉で世界は変えられる。

見てくれた人に何か考えてもらえたら。

お節介。

お節介と親切の違いとは。

相手に感謝されるか、相手に感謝されないか。

お節介は、自分の中で親切だと思ったことが、相手には親切に思えない。

親切は、自分の中で多分いい行いなんだろうなって思ってやったことが、相手に感謝されること。

自分は親切のつもりでやったのに、相手からは感謝されない。

そういうのが一番精神的につらい。

でも、そんなこと言っても、感謝されるかされないかはやってみないと分からない。

感謝されたいってのは違うけど、するなら感謝してほしいのが本音。 

逆にいいことされたら、少しぐらい感謝したっていいんじゃないか。

結局そういうのは自由だけど。

お節介だろうと思って人はお節介をするわけじゃない。

少しからかう気持ちがある人はわざとかもしれないが。

出来るだけ人には親切にしよう。

その中で、いくらかお節介と思われてもいい、行動しないよりはマシだろう。

親切なことをされたら、お節介だなと思っても、相手の優しさには感謝しよう。

そんな方が幸せだろう。

広告を非表示にする