言葉で世界は変えられる。

見てくれた人に何か考えてもらえたら。

難問。

難問を突き付けられた時、人はどうするか。

年を取っていけば、どこかのタイミングで人は難問にぶつかる。

それが1回か10回か、それともそれ以上か。

それは勿論人それぞれに数が違う。

難問ってどういうものか。

それは自分一人で考えても、答えがなかなか出てこないもの。

そういう時、自分に自信がある人ほど難問にハマる。

難問にぶつかった時、頼るべきは自分ではなく気の許せる人。

自分が解けないからって、他の人も解けないってわけではない。

そういう難問こそ、他人に頼るしかない。

自分で解決するのは素晴らしいこと、でも限界はある。

素直に頼れば難問は解けるはず。

背負う必要はない。

難しい問題なら、みんなで協力して解いてしまえばいい。

そういうことに多くの人で取り組むと、結束も深まる。

その難問を毛嫌いする必要はない。

より人といい関係を築くためのチャンスになる。

みんなで知恵を絞って難問を解いた時の喜びは大きい。

難問にぶつかった時は、気楽に他の人に相談しよう。

広告を非表示にする